投稿日:2023年10月2日

鳶職の面接でアピールするといいところとは?

こんにちは!株式会社曉組です。
昭島市と武蔵村山市に拠点がある会社で、関東一円で足場組立や資材運搬などの鳶工事全般を行っています。
この記事では、鳶職の面接でアピールするといいところについてご紹介します。

鳶職の面接でアピールすべきポイント

面接
鳶職の面接では以下のようなポイントをアピールすると好印象を与えるでしょう。

体力やバランス感覚に自信があること

鳶職人は、一日中高所での作業を行います。
そのため、体力やバランス感覚に自信があることが重要です。
面接では、自分がどのように体力やバランス感覚を維持しているか、具体的な方法を話しましょう。
例えば、「毎日ジョギングや筋トレをしている」「バランスボールやヨガでバランス感覚を鍛えている」などです。
また、スポーツや趣味などで体力やバランス感覚を活かした経験があれば、それもアピールポイントになります。
例えば、「サッカーやバスケットボールなどのチームスポーツで運動能力を高めた」「登山やスキーなどのアウトドア活動で高所への慣れや平衡感覚を身につけた」などです。

コミュニケーション能力があること

鳶職人は、現場では先輩や仲間と協力しながら作業を進めます。
そのため、チームワークやコミュニケーション能力があることも大切です。
面接では、自分がどのようにチームワークやコミュニケーションを大切にしているか、具体的な例を話しましょう。
また、チームワークやコミュニケーションを生かした成果や成功体験があれば、それもアピールポイントになります。

学び続ける姿勢や意欲があること

鳶職人は、現場によって作業内容や環境が変わります。
そのため、柔軟に対応できる能力や、常に向上心を持って挑戦できる姿勢が求められます。
面接では、自分がどのように学び続ける姿勢や意欲を持っているか、具体的な例を話しましょう。
例えば、「新しい技術や知識を積極的に学びたい」「先輩から教えてもらったことを実践したい」「資格取得やスキルアップを目指している」などです。
また、学び続ける姿勢や意欲を生かした成長や目標があれば、それもアピールポイントになります。

鳶職への熱意をぶつけよう!

面接では、自分がなぜ鳶職に興味を持ったのか、どんな目標や夢を持っているのかを伝えましょう。
例えば、「建物や橋などの建設現場に携わりたい」「高所での作業が好きだ」「先輩から技術を学びたい」「資格を取得してスキルアップしたい」などです。
自分の思いや想いを率直に話すことで、面接官に自分の人柄や情熱を伝えることができます。

新たな仲間を求人中!

リクルート・白
株式会社曉組では、新たなスタッフを募集しています。
未経験者でも大歓迎です。
離職率が低いことが自慢の会社です。
鳶職に興味のある方は、ぜひご応募ください。
お待ちしています!
最後までご覧いただきありがとうございました。

株式会社曉組
〒196-0024
東京都昭島市宮沢町2-5-29
TEL:042-544-9448 FAX:042-519-7879